日本学術会議 学術フォーラムを開催します。【11月17日開催】

学術フォーラム「学術の未来とジェンダー平等~大学・学協会の男女共同参画推進を目指して~」

※詳細は日本学術会議ホームページまたはチラシ(PDF2MB)をご覧ください。

●日 時:令和元年11月17日(日)13:00~18:00(受付開始12:30)
●場 所:日本学術会議講堂
      東京メトロ千代田線「乃木坂駅」下車、5番出口(青山霊園方面)より徒歩1分
●主 催:日本学術会議
●プログラム:
   13:00-13:20 挨拶
   13:20-13:35 趣旨説明   
   13:35-14:35 第Ⅰ部 大学・研究機関における男女共同参画の現状と課題
   14:45-15:25 第Ⅱ部 研究力強化のための男女共同参画~学協会の取り組みから
   15:30-16:30 座談会 :女性学長が語る大学の未来~男女共同参画の視点から~
   16:40-17:55 第Ⅲ部 座談会(フロアとの討論)
                                       ~学術におけるジェンダー平等の推進~何が必要か
   17:55-18:00 閉会挨拶
●開催趣旨:
     日本のジェンダー平等達成度は低い。政治・経済の意思決定過程に女性がほとんど参加していないからである。
     しかし、この状況は学術の世界でもさ ほど変わらない。本学術フォーラムでは、学術の未来を展望するために、
     大学・研究機関や学協会におけるジェンダー平等(男女共同参画)をいかに推 進するか、また、ジェンダー平等を
     阻む壁(とくにアンコンシャス・バイアス)をいかに克服するかについて議論する。
     科学者委員会男女共同参画分科会(アンケート検討小分科会)では、全国ダイバーシティネットワーク組織と協力して、
     2019年2~3月に全国の大学・研究機関を対象に男女共同参画の現状に関するアンケート調査を実施した。
     これらの成果をふまえ、本学術フォーラムでは、大学のグッド・プラクティスの紹介も含め、学術における
     ジェンダー平等推進の課題と展望を示したい。
       また、日本学術会議初の企画となる女性学長の座談会では、本学術フォーラムの総括として、
     「学術の未来と大学の未来」をめぐる課題について語り合っていただく。
●定 員:先着250名 (お申し込みがなくても席が空いている場合にはご入場いただけます)
        参加費無料

【参加申込】
      申し込みフォーム(URL:https://form.cao.go.jp/scj/opinion-0003.htmlよりお申し込みください。